管理職としての役割と「管理職」としてのあなたに期待される働きを知ろう

管理職は一人で仕事をするのではありません。

部下をもって、指導的な立場で仕事をします。部下をもたない立場でも、上司、後輩、関係先、他部署など、周りの人を動かして仕事を進めます。

つまり『人を導くこと』が管理職として、一つの仕事と言えるでしょう。

そもそも、管理職の役割とは何か?

スポンサーリンク
スポンサーリンク

管理職の役割とは?

管理職の役割とは、組織として何を成すべきかを見出し、明確に伝え、働く人を活かし、成果を通じて使命を果たすことであり、また、その成果を通じて生かすことである。

役割とは、言い換えれば「期待される働き」ですが、この問いには様々なビジネス関連の書籍にて簡潔な答えが出ています。

“管理職の役割とは、まさに管理することであり、マネジメントにある”

部下の育成や役割分担、チームの統一、業務の遂行・達成・改善、決定責任やそれに伴う権限の利用、全てマネジメントの一部を切り取ったにすぎません。

『自分のチーム・部署・組織を統制し、目標に向けて円滑に、効率的に事が運ぶよう工夫し、改善し、さらに発想し、発展させる。また、そのノウハウを保存・維持し、継承する』

この過程で様々なマネジメント要素があります。あとはこの規模が大きか小さいかの違い。

「あなた」の管理職としての役割は何か?

どんなに時代が移り変わろうとも、管理職として変わらぬ期待というのがあります。それは、目標達成能力・人材育成・職場の活性化といった能力です。

それとは別に、あなたの管理職としての役割があります。

実際の現場における管理職とは、その立ち位置によって求められるものが異なるのが当然で、定義されるようなものではないでしょう。

よって、管理職としての役割は人それぞれ。
役割は人それぞれとはいえ、やるべき仕事の本質は変わりません。

管理職ともなれば、規模の大小はさておき、様々な関係性をもちます。

社内 上司
  • 提言
  • 説得
  • 補佐
他部署
  • 調整
  • 支援
部下・後輩・同僚
  • 指導育成
  • ノウハウ提供
  • 情報共有など
社外 関係先
  • 教育
  • 交渉
顧客
  • 最高のサービス提供

上記のように、上下左右様々な働きかけをしながら仕事を進めるのです。

では、こうした仕事の中で求められる役割とはなんでしょう?

以前の管理職に求められたものは、他社に負けない戦略的思考、または新しいものを生み出す為の発想力と言われます。

ですが、これも世の変化とともに変わってきました。

仕事の常識が変われば、期待される働きも変わるのです。

組織・会社が求める期待を知る

管理職の役割求められる期待
社内で管理職研修がある場合は、会社として何を期待するかを明確にしてもらえますが、無い場合は上司にその期待の内容を確かめるというのも手でしょう。また、多くの会社では社内規定で管理職の役割を明確にしています。

プレイングマネージャーとして、企画ならびに開発業務などを遂行するとともに、その業務全般の管理と部下の指導にあたる

上記はある会社の管理職規定ですが、このような感じで載っています。これが組織・会社があなたに求める期待です。

部下・他から求められるものを汲み上げる

“管理職の役割”の中には、あなたの属する部門・チームに対する期待と、あなた個人としての管理職への期待が含まれます。管理職は両方の期待を引き受けて、どういう役割を果たすべきかを考えましょう。

管理職としての働きが求められるのは、組織・会社からだけではありません。

先に挙げた関係先全てに期待されるものは異なるのです。

部下は上司に求めるものがありますし、他部署・関係先・顧客と、これはこれで様々な期待を寄せられます。

ただし、これらを一辺に把握しようとするのは難しいでしょう。

まず、部下と職場での対話やミーティングを意識的に行い、現場の実情を理解し、悩みや問題を吸い上げ、良好な関係を築くのです。そうすることで、会議やミーティングで部下の意見が活発になり、管理職に求める期待を確かめることができます。

磐石な基盤があれば、そこから集まる情報の精度が増しますし、密度も高くなります。

社外の取引先や他部署の情報を集めることがなぜ重要かというと、自分が所属する部署への期待なのか、それとも管理職としての自分へ対する期待なのかを確かめることで、今の自分がなすべきことは何か?期待される役割とは何かがより明確に見えてくるからです。

おわりに

管理職としての役割は職種・業態・職責・規模・組織形態など、様々な要因により異なります。

ですから、教科書通りのマネジメントを愚直に行えばよいというわけではありません。むしろ、それでは周りがついてこれずに空回りする事が多いと思います。

与えられた経営資源と権限の中で、最終的な理想が分かっていても、現状から移行できるシナリオが描かれていなければ机上の空論です。

もちろん、マネジメントなくして管理職は成り立ちません。ただ、社内外からあなたに期待する働きがあり、それらを見落としていては、かえって動きづらくなってしまいますよ、という話です。

まずは情報を集め、今何をするべきかを明確にしながら仕事に取り組みましょう。