ごあいさつ(ブログ運営者:高橋悠一)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

当ブログにご訪問頂きまして、ありがとうございます。

運営管理者の高橋悠一と申します。

現在は神奈川県の横浜市在住、年齢は33歳。

妻と二人暮らしで子供はおりません。お互い将来的には欲しいと考えていますが、今は仕事が楽しい時期という理由で、まぁゆっくり考えていこうかなという感じです。

座右の銘というか、大事にしている言葉は、

「ただ動いているだけでは、行動とは言えない」です。

20から30までを振り返ると、ひたすら働いていた記憶しかないんですよね。なので次の10年は、もっと違った記憶と、自分としての価値を残したいと思っています。

こんなこと人前では中々言えないので、ブログってとても便利ですね。

今現在の趣味や興味、感心がある事はというと・・・

フットサル、人材育成・教育、webビジネス、行動心理学、読書、株為替などなど。

ざっと経歴!(社会人前)

■0歳 岩手県の田舎も田舎の小さな村で生まれる。

■1歳 親父の高い高い失敗により頭から地面に落下。

■4歳 保育園に行く途中の道端に生えている花の蜜を吸って中毒になり、身体が痙攣する。

■6歳 小学校入学初日に迷子になり警察が出動。母ちゃん激怒で涙目になる。

■8歳 サッカーにハマる、田舎なのでゲームなんて知らん。

■12歳 当時ラモス瑠衣に憧れていた私、ふわっふわした髪型が素敵だ!と近所の床屋に相談するも、難色を示される。

■14歳 友人宅で麻雀を覚え、ハマる。

■15歳 将来的な事などまったく考えていなかったので、とりあえず仲の良い先輩がいる高校へスポーツ推薦で入る。

■17歳 大学へ行くか就職するかの二択を皆が決める中、都会行ってみたいという理由から、何も考えず就職を選択。

■18歳 岩手県でも中の下の高校には大した求人も来ない。が、当時そんな事など知らない私は、一番給料が良かったからという理由だけで某大手運送会社へ入社を決める。

■18歳10月~卒業まで 校内で一番早く内定を得ていた為、既にやることがなく卒業までひたすら友人宅で麻雀三昧。

ざっと経歴!(社会人後)

■18歳 江東区にある営業所にてドライバーとして社会人スタート。朝6~23時勤務と、働く事の厳しさを知る。毎日が筋肉痛で初めの三ヶ月はまともに歩く事も困難。けれど仕事になると煽られるので自然と身体が動く不思議。

■19歳 まだ生きている。先輩に恵まれていた事と、給料がやたら高かった事がメンタルの支えに。身体も慣れてくると長時間の肉体労働も慣れてくるもので(感覚がマヒしてる?)気が付けば体つきと体脂肪率がスポーツ選手並みに。

■20歳 飛び込み営業しまくり、営業成績でトップを取る。表彰状と一緒にもらった副賞は「焼肉食べ放題」二位は現金と、だったら現金が良かった。

■21歳 営業が楽しくなり、なりふり構わず新規を取りまくる・・・気が付けば営業成績が関東トップとなり、社長表彰される(普段社内報やテレビでくらいしか見たことない社長を生で見て、まるで有名人を街中で見つけたみたいな感覚に)

■22歳 営業車で会社に戻る途中に居眠り運転で事故を起こす。幸い相手方に怪我は無かったものの、約半年、毎週相手方への謝罪。自己嫌悪に陥り「もうドライバーは出来ない」と心が折れる。営業課から配送課へ異動。

■23歳夏 配送課でひたすら荷物を仕分ける。給料も4分の1以下になり、働く気力を失った日々を送る。この時会社を辞める決断をし、上司へ退職願いを出すも「今の状態で辞めたら、お前がこの先どうなるか分からないから今辞めさせるわけにはいかない」と諭され、人生で初めて悔し涙を流す。

■23歳冬 上司の勧めで、社内外の電話受付と内部統制、事務処理を一括でこなす部署へ。ここもやっぱり激務。けれど上司への恩もあり、がむしゃらに仕事を覚える。また、給料以外の収入を考えるようになり、投資を学び始める。

■25歳 当時の上司が支社へ異動となり、係長に昇格。この時からマネジメント、経済学に興味を持つ。

■26歳 東日本支社の人事部へ異動。課長として100名ほどの組織を管理しながら採用方針や育成に関して本社人事部へあれこれ文句を言っていたところ、「じゃあお前がこっちきてやってみろ」とキレられ、半年で本社の事業戦略部へ・・・。就任初日に部長から「お前高卒なんだって?お前の判断が数万人の社員とその家族に影響を与えるんだ、しっかりやれよ」と言われ、「あ、この人嫌いだな」と思う(今では良きゴルフ仲間です)

■28歳 上層部と言われる方々との駆け引きを実感しながら、いくつかの新規事業立ち上げ、社内の生産性向上に成功。この時マネジメントの価値観が変わる。

■30歳 ある日、取引先の社内研修に呼ばれ、そこで講師をやった事が印象に残り、自分の将来は人材育成や開発、教育に携わっていたいと思うようになる。

■31歳 取引先のコネを使って転職。

現在

人材開発コンサルティングを通じて、仕事やプライベートの様々な経験、学び、人との関わりなどから自分が果たせるものは何かを日々模索中。今まで支えてくれた、指導してくれた様々な方に感謝しながら生活をしています。

働いて、努力して、結果を出して、貢献して、賞賛されて、お金を稼いで、そして余裕のある人生を送る。

それはそれで十分な事なんですけど、もっとそれ以上の事が出来ないか、と。

「誰かの役に立つ」それが結果的に、もっと年齢を重ねた時、「自分は誰かの背中を押せた」と誇れるなら、それって素敵じゃないですか・・・。

なんて、生意気ですが本気で考えています。

このブログについて

このブログを始めた目的は、今まで学んできた事、学んでいる事、経験して気がついたこと、仕事やプライベートで役立った事を基に”私なりの考えとして”アウトプットする為です。

将来的に独立を考える中、今現在私の中にある知識はというと、勤め先を通じて学んだ知識やノウハウです。つまりコンサルティング会社のノウハウそのもの。

このままでは将来を考えた時に「自分」を前面に出すことが出来ないと思いました。なので、自分なりに蓄えた知識や情報を、このブログの中に「私なりの言葉」で集約していきます。

まだお会いしていない様々な方に、私なりの考え方を共有していけたらいいなぁと。
そして今、時間を割いて読んでくれている「あなた」にとって、少しでも役立つブログに出来たら最高だと、そう思います。

基本的に仕事に関する事、マネジメントに関する事がメインになると思いますが、雑記も混じります。雑記は本当に雑記になると思います。

頑張って働くあなたへ、スローペースですが、真面目に情報発信していきます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク