会社を辞める理由はなに?

様々な世代が入り混じる職場環境、考え方や物の見方が違う人の集合体が組織です。当然、人それぞれ労働感というものは異なります。

例えば、「従業員のモチベーションアップは、お金だ」と信じて疑わない上司。

4.50代の社員は特に競争が厳しかった世代、働いて生き抜いて、対価として賃金を得る。そうしたお金にモチベーションを強く感じた経験があると、「ほかの従業員もそうだろう」と勝手に決めつけ、報奨金制度やインセンティブの強化にばかり目を向け、結果、若い従業員との間に考え方の乖離を起こしている。

そして、そのことに気づいていない。

お金が多いにこしたことはないですが、それがモチベーションの絶対条件かと言われれば、違いますよね?

先に話した4.50代、「血と汗と涙と」「我慢が信念」「耐えればいつか良いことあるさ」の世代です。彼らは一つのことをコツコツと極める職人気質な性格が多い。もちろん偏見はありますが、大抵、会社を辞めることや転職を繰り返すことに罪悪感を感じ、嫌悪感を伴うといった労働感が少なからず刷り込まれている。

対して2.30代は?

衣食住に困らない世代、人生は多少修正が利く、第一に好きなこと、やりたいことを考えます。極端ですが、気に入らなければ気に入るところが見つかるまで探し続ければいい。

世代によって、価値観はこれほど違うのです。

帰属意識って必要なんですか?

一昔前は企業の寿命が長かった。30~50年、終身雇用も当たり前の時代でしたが、今は違う。

今の企業寿命はもっと短いと言われています。とすれば、20歳そこそこから社会に出て、定年まで一社で働ける可能性は非常に低い。

出生率の減少、平均寿命の伸びから就労年齢の高齢化が進み、正規非正規の入り混じる複雑な雇用形態、これらはますます複雑化していくでしょう。

このような現実から会社と従業員の関係というのも変わってきています。会社への帰属意識、忠誠心、運命共同体といった考えはもはや古い体質です

会社から見れば、従業員は歯車などではなく、もはやパートナーであり、ともに目標、目的を目指すべき存在です。

これを前提として仕組みを作らなければ、今の人は入らない、育たない、残らない。

社員が会社を辞める本当の理由は何か?

  1. 適正な給料なのか?
  2. 労働時間、休日はどのくらいか?
  3. 会社or仕事が好きか?誇りは持てるか?
  4. 自分のイメージする将来に期待できるか?
  5. 職場環境はどうか?

基本的に、自主退社する人の優先順位は5.4.3.2.1の順で、給料が少なくて会社を辞める人は少数派である。

さらに言えば、5.4.3に関する中心的な問題となっているのが、経営者、上層部、及びリーダーへの不信。このあたりに労働感の違いによる摩擦が起きている場合が多い。

よく従業員に「経営者意識を持て!」というが、それは土台無理な要求である。従業員は決してトップの目線には立てないものだ。同じように、上司が部下に対して己の考えを察するように促したところで難しいでしょう。

離職者を減らすために必要なことは何か?

まず、離職の話が出た頃に手を打っても手遅れです。大抵次を既に用意しているか、心に強く決めていることが大半ですからね。

引き止める手段というのもありますが、根本的問題が短期間で解決出来ることはまれです。基本的に波風立たないよう退職させることになるでしょう。

そうではなく、やはり日頃の関係性が重要になります。

自分が部下にどのように接しているか、どの程度部下と話を出来ているのか?

言いたいことは沢山あるはずなんです。部下は自分の存在がどの程度必要とされているのかを知りたいのです。

上司が部下の目線に下りていくこと。それは従業員への迎合ではなく、部下の本心や行動を理解するために必要なことです。

そして、部下の本音・本心に触れるためには、まず時代時代の価値観を上司がきちんと受け入れ理解することが重要です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク